北京・華北の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

北京・華北

>

日帰りツアー

>

詳細

選択 予約 確認 完了

印刷 中華帝国歴代皇帝ゆかりの三大宮殿

690
皇帝的三大宫殿
種別:市内観光
ツアー番号: pek_daytour_005
ツアー更新日:2012年09月20日

概要
歴代皇帝ゆかりの三大宮殿を訪ね、絢爛豪華な中華帝国の世界観を堪能! 中華帝国歴代皇帝、かのラストエンペラーや西太后たちの政治と生活の舞台であったゆかりの宮殿、中華帝国の中枢「紫禁城(故宮博物院)」、皇帝の離宮「頤和園」と「円明園」の三ヶ所を訪れます。

当コースの「紫禁城(故宮博物院)」観光では、通常コースでは訪れない「珍宝館・鐘表館」にもご案内しますので、歴代皇帝たちが愛した数々の秘宝をご堪能いただけます。宮廷料理レストランとして名高い聴鸝館にてランチをいただきます。

【世界遺産・故宮博物院】
「故宮博物院(こきゅうはくぶついん)」は、歴代皇帝の政治の中枢であり、また皇后、皇族たちの生活の場となったの宮殿・紫禁城を、現在は博物館として公開している場所。所蔵品は100万点以上。明清朝王宮の繁栄を垣間見れる中国最大の観光スポットである。また、映画ラストエンペラーの舞台としても知られている。

当コースでは、午門より入場~太和殿、中和殿、保和殿~九龍壁、珍宝館・鐘表館~珍妃井戸などの観光後、神武門へ。通常コースでは訪れない「珍宝館・鐘表館」にもご案内しますので、歴代皇帝たちが愛した数々の秘宝をたっぷりとごらんいただけます。

【世界遺産・頤和園】    
万寿山という小高い山とその南側に広がる人口湖・昆明湖で構成された皇室庭園。昆明湖に面して多くの楼閣が点在している。
総面積290万㎡と庭園としては中国最大級の広さを誇る。12世紀の金代には小宮殿が建てられていたが、18世紀中ごろに清の乾隆帝が離宮として大改造。その後一時は荒廃したものの西太后の手によって再建され、頤和園の名で呼ばれるようになった。英語名はSummer Palaceといい、夏の離宮として皇帝や皇族たちが避暑を兼ねてここに遊んだ。昆明湖をはじめとする人口の山水や楼閣の数々は贅を尽くした造りであるものの、清朝の滅亡を早めた要因の一つとも言われている。万寿山の中腹には八角四層の仏香閣があり、ここからの展望も素晴らしい。天井に無数の絵画が施された728mもの長い回廊と大理石で造った船「石舫」が見どころ。

【円明園】    
清代の離宮の一つとして造られ、造成当時は世界最大の広さを誇り、正に王風建築の粋をちりばめた庭園であった。
17世紀乾隆帝の時代には世界各地の美観や建築物を再現させるという改造が行われ、イタリア人宣教師ジュゼッペ・カスチョリーネの指導のもと、中国の職人たちの手にによってベルサイユ宮殿やギリシャ神殿を模した庭園が造られたという。1860年の英仏連合軍により大半が破壊されたが、現在修復整備が進んでいる。

スケジュール

日程詳細 食事
09:30 故宮博物院(紫禁城)の観光(含珍宝館・鐘表館、珍妃の井戸)
12:00 宮廷料理レストランとして名高い聴鸝館にてランチ
(メニューは一般的な中華料理)
13:00 頤和園観光
14:20 円明園観光(含西洋楼)
16:30 ホテル帰着

昼食

詳細情報

名前 中華帝国歴代皇帝ゆかりの三大宮殿
出発都市 北京
エリア 北京
都市・地区 北京市内
住所 紫禁城
地図
スケジュール
詳細

 ※最少催行人員:大人2名様

※【含む】   日本語ガイド、車輌、明記された入場料、明記されたお食事
※【含まず】   お飲み物、個人出費
※ご参加者が1名様の場合、2名様分の料金をお支払い頂くことにより催行可能となりますので、その際はお申し出願います。
備考

※当日の天候により、傘などの雨具をお忘れないようにお願いいたします。

※歩きやすい靴と手荷物は少なめにしてご参加お願いいたします。

※当日の交通状況、天候などにより観光の順序が変更になる場合があります。

※昼食は宮廷料理レストラン聴鸝館にご案内しますが、メニューは一般的な中華料理です。

変更キャンセル規定

ご参加日から起算して3日前まで - 無料
ご参加日から起算して2日前以降 - 50
ご参加美から起算して前日以降  - 100
上記日にちは祝祭日を除く月~土営業日にて計算となります


料金

項目 単位 説明 料金 予約
ツアー料金 1名樣 大人(12歳以上)/子供(2-11歳)/幼児(2歳未満)
大人: 690
子供: 690
幼児: 無料
オンライン予約