西安・西北の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

西安・西北

>

現地情報

>

観光

>

詳細

選択 予約 確認 完了

印刷 白馬塔 敦煌

15
敦煌白马塔
種別:寺院/建築物/史跡
ツアー番号: dhn_tour_006
ツアー更新日:2013年01月16日

概要
白馬塔は386年に建立され、敦煌市の西、七里鎮白馬塔村にあります。敦煌市内から2kmほど離れており、甘粛省の重点文物保護地に指定されています。4世紀末頃、亀茲国出身の高僧-鳩摩羅什(クマラジーヴァ)が敦煌を訪れた際、経典を積んでいた白馬が死んでしまったことを悼み建立されたといわれています。

白馬塔は高さ12m、直径約7mあります。基礎の部分は八角形、上部は円筒形をした九層建ての塔です。第六層目だけが赤色で、全体はラマ塔のように白色をしています。白馬塔は386年に建立された後、何回も再建され現在の塔は元時代に再建されたものです。記録によれば1930年に白馬塔から高さ90cmの黒石で造られた石像が出土され、それには『金剛経』が刻まれていましたが、後に遺失してしまいました。
現在では白馬塔の周りの緑と塔の白さが美しい風景を作り出し、敦煌の代表的な観光地となっています。

詳細情報

名前 白馬塔 敦煌
エリア 甘粛省
都市・地区 敦煌市
住所 敦煌市 白马塔
営業時間 08:00-18:00
休業日 無休
交通 敦煌市街地より車で約15分
言語
地図