西安・西北の旅行情報を現地よりご提供!

現在の場所:

西安・西北

>

現地情報

>

観光

>

詳細

選択 予約 確認 完了

印刷 青龍寺 西安

1
青龙寺
種別:寺院/建築物/史跡
ツアー番号: xiy_tour_008
ツアー更新日:2013年01月16日

概要
西安市街地の東南部、楽遊原に位置し、582年に創建されました。元の名は霊感寺といいましたが、711年に青龍寺と改名されました。 唐の時代にはかなり有名な寺院であり、日本との縁も深く、著名な「入唐八家」のうち、六名の僧侶がここで仏教を学びました。最も有名なのは空海こと弘法大師です。

空海はここ青龍寺で恵果法師を師として真言密宗を伝習し、中国仏教密宗文化を学び、漢学についても研鑚を積みました。彼は博学で、造詣も深く、仏教、詩、詞、サンスクリット、書などについても成果をあげました。806年、多数の仏教経典や書籍を携えて帰国し、奈良の東大寺で日本密宗真言宗を開いたことはあまりにも有名です。帰国後は、道場を開き密教を広め、日本留学僧の中でも数少ない仏学大師となり、「東密」の開祖となりました。
1981年、日本仏教界は青龍寺の境内に、空海記念堂と空海記念塔を建立しました。

詳細情報

名前 青龍寺 西安
エリア 陝西省
都市・地区 西安市
住所 陕西省 青龙寺
電話 +86-29-8553-1096
営業時間 09:00-17:00
休業日 無休
交通 西安市街地より車で約10分
言語
地図